住宅用防災シェルター

photo02住まいを災害から護るには、鉄筋コンクリートで頑丈な本体を造り、最新の設備を備えれば良いのですが、それでは非常に高いものになります。そこで発想を変えて、建物全体にコストをかけるのではなく、建物の一室だけ、地震にも、火にも強い部屋を造ればコストを下げる事が出来ると考えました。

簡単に言うと、木造の建物の中に、鉄の箱を入れ込むのです。この箱は、地震にも壊れず、火災でも燃えない様にするのです。地震の時に他の部分は破損してもこの箱だけは壊れません。結果としてこの箱の強度によって建物の全壊を防ぐ事が出来るのです。

事務所では、長年に渡って住宅の設計に携わってきましたが、近年、設計、施工一式で工事を請け負う機会が多くなりました。一式で工事をすると、細部にまで目が行き届いて、現場で迅速に対応できるメリットが多いと思えるようになりました。

現場工事を通して、災害に強い住宅を合理的な価格で建てられないか、考えていたところ、友人のチェンバース設計事務所から連絡がありました。災害に強い住宅を造ろうとの誘いでした。その事務所は、日本で唯一カプセル型の防災シェルターを造って、長年の経験と実績がある、その道の第一人者です。今回、チェンバース事務所と提携して住宅用を開発しました。詳細については、別紙で説明したいと思いますので参考にして下さい。

住宅用防災シェルターの概要

防災用シェルターの本体は、頑丈な鉄の箱で造り、地震で建物が倒壊してもその部分だけは壊れません、もし火災が発生しても、鉄の外側を防火用の構造で包んで火災の熱も伝えない様に安全に保護します。また、機密性を高くして外部の汚染された大気が、室内に入らない様にします。もちろん、外気の取り込みは浄化装置を通して新鮮な空気を取り込むようにします。

設備については、一時的な避難を目的にするのか、日常も普通の部屋として使うのかによって3タイプ用意しました。構造、設備については、基本は同じです。車を選ぶときに予算と目的によって形や仕様が違うのと同じと考えて下さい。

あなたの用途に応じてどんな要望にも答える用意がありますので、詳しい事は直接お問い合わせ下さい。

住宅用防災シェルターの性能

構造としての基本性能

1-耐震性、地震によって建物が倒壊しても、シェルターとして、自立出来る構造とする。
2-耐火性、火災に対して一時間以上の耐火性能を持って、自立出来る構造とする。
3-機密性、放射能、煤煙、杉花粉等の大気汚染に対して、機密性を保持する構造とする。

ただし、タイプによって現場施工と工場生産に分ける。

設備としての基本性能

要求される設備の性能によって3タイプに分ける。

1-地震、火災、放射能、汚染に対して、緊急避難の場合
大気を浄化する装置
シャワー設備
シャワー用貯水タンク
ポータブルトイレ

2-災害により、電気、水道、ガスの復旧に1.2週間かかる場合。
(1) の設備に加えて以下の設備を備える。
ミニキッチンセット
水を使用しないポータブルトイレ
一時的に使用が出来るバッテリー
飲料水用貯水タンク

3-災害に対する安全を確保し、日常は、寝室、リビング等の居室として使用する場合。
(1)(2)の設備に加えて以下の設備を備える。
建物とは、独立した場所に耐震構造の防災倉庫を建設する。
ソーラー発電機
通常の発電機
自家用井戸
地熱を利用した空調設備
汚水を放流出来る蒸発式浄化槽

チェンバース事務所

チェンバース設計は、未来を志向する安全で快適な居住環境の確保をキーコンセプトにシェルターの研究開発・設計・製作をしております。

チェンバース設計 概要

photo03工学博士( Ph.D )橋田隆明を中心に、国内外で多くの建設プロジェクトに携わる。特にシェルターの製作に於いては中近東で2400人用3気圧 軍事大型核シェルターの設計、日本国内で市民用 200人収容核シェルター、各種の個人用核シェルター、阪神淡路大震災以後 震災用シェルターを完成(東京)。

同様に多くのカプセルシェルターの企画から完成までのプロジェクトを手がけています。カプセル型の開発にはシェルターにとどまらずカプセル別荘、カプセル音楽室、カプセル事務所、カプセル住宅などにもシェルター製作技術を活かし完成させています。

 

シェルター見学できます!

photo11シェルター見学をご希望の方は千葉県柏市増尾177番地にオフイスがシェルターの展示場となっておりますので、ご連絡下さい。

展示場には、これまでに当方で製作したシェルターについての英国BBCテレビ、特集を組んだオーストラリアテレビ、多くの国内外のテレビ新聞等の資料をご覧いただけます。

 

 

 

 アクセス

チェンバース設計
〒277-0033 千葉県柏市増尾177番地
TEL:04-7171-6000 FAX:04-7170-5082


大きな地図で見る