地鎮祭

地鎮祭(じちんさい)は、これからの工事の安全を祈念し、土地の神様にお祈りを捧げる儀式です。

そして、工事関係者も、地鎮祭に参加すると、これから工事を始めるのだと言う緊張と、責任で身が引きしまる思いがします。

オーナーも同じではないかと思います。
地鎮祭は安心と同時に家族にとっても、良い思い出になると思います。

 img01  img02
1.しめ縄の準備 2.祭壇・供え物
 img03  img04
3.降神の儀(神様を迎える) 4.御家族のおはらい
 img05  img07
5.四方の清め 6.榊(さかき)をあげて安全祈願
 img06  img08
7.クワ入れの儀 8.地鎮祭終了後、榊を砂に立てる

地鎮祭で準備するもの

地鎮祭で準備するものは、オーナー、建築業者、神主さんで用意するものが異なります。

事前に三者で、確認しておくことが大切です。
一般的な話をすると、オーナーは神主さんに対するお礼のお金と、供え物を用意します。

業者は、砂と青竹と鋤、鍬、鎌、スコップなど儀式に使用するものを用意します。

また、天候によっては、前日からテントや椅子の用意も必要になる場合もあります。

そして、神主さんは、祭壇、注連縄(しめなわ)玉串、ゴザ、など儀式に必要なものを用意します。

詳しくはオリジナルホームページの「地鎮祭」ページをご覧ください。