監理について

time 監理とは、実は時間と予算のコントロールすることなのです。

監理の仕事は、設計図書に基づいて正しく施工されているか、現場を確認する作業ですが、技術が進歩してもロボットで監理することは、不可能だと思います。

設計者は、オーケストラに例えると指揮者です。

 

 

 

工事の節目ごとに「チェック」する

Con11Img0120090205115538 現場では、愛情と誇りを持って接すれば、職人さんもその信頼に応えてくれるものです。

また、一日中現場にいて作業を監視できるものではありません。また、職人さんもいつも監視されていて良い気分で、仕事できるものではありません。だからと言って、何もしないと言う事ではありせん。

工事の節目ごとに、正しく工事が進められているかチェックして、ミスを早く発見して大きな問題になる前に、解決することが大切です。