八千代の事務所について

yachiyo_1建物は、鉄筋コンクリート造(RC造)の2階建で、この建物を特徴付ける外壁はコンクリート「打ち放し仕上げ」とした。

この仕上げは、とても技術のいる仕上げで、慎重にコンクリートを打ち込んで型枠を外すと、そのコンクリートの素地が仕上げとなるので失敗は許されない。

今回は、ひび割れも無く綺麗に仕上がった。

階段室の吹き抜け空間

yachiyo_4入口のドアを開けると、2階天井までの吹き抜け空間に、階段上部のRC打ち放しの曲面の壁が、張り出して空間に変化を与えると同時に、ステンレスの手摺が軽やかな印象を与えて迎えてくれる。

2階の空中庭園

yachiyo_11南側の外壁を一部くり抜いて外観に変化を与え、2階の和室とセミナールームから和風の庭園が望められようにした。

この空間は、RC造の堅い空間に変化と安らぎを与えて呉れている。

 

掘りごたつのある部屋

yachiyo_9昼休みの休憩やチョットした会議に使用できるように和室に「掘り炬燵」を設けてくつろげるようにした。

また、掘り炬燵に腰かけると空中庭園の和風の庭が見えるようにした。

事務所内部

yachiyo_5スタッフが、事務所の内装は、RCの打ち放しの仕上げを意識して、全体をモノトーンでまとめた。

事務所の奥に、貴重品保管用の倉庫を設けた。
その壁を濃いブルーで仕上げ、入口のスチールの扉は、赤で仕上げて事務室のアクセントとした。